MicroCraft

COMPANY

会社の沿革

40年以上にわたるマイクロクラフトの歴史の中で、エレクトロニクス産業は飛躍的な発展を遂げました。当社はエンジニアリング主導のメーカーとして、常に新しい技術の開発に取り組み、それぞれの時代に革新的なアイデアで、エポックメイキングな商品を市場へ送り出してきたのです。特に80年代には、VMEバスシステムが市場で高い評価を受け、当社の技術力を揺るぎないものに押し上げました。

マイクロクラフトが今日もなお、革新的な商品を開発し続ける背景には、経験豊かな技術者の知恵と、若い技術者の奔放なアイデアを高い次元で融合させることのできる企業風土があるからなのです。

1972年–1979年|第一次OEM時代
輸出用オーディオ機器など、各種エレクトニクス機器の設計と製造。

1972年
電子機器製造会社として設立

1980年–1989年|第二次OEM時代
マイクロコンピュータ関連機器に的を絞って開発。
Z80を使った各種制御機器、船舶の自動操舵システムなどを手がける。

1980年
マイクロコンピュータ製品を開発

1986年
VMEバスボードを開発

1988年
高速制御システム「muse」シリーズを開発

1989年
アメリカのVMEメーカー「VIGRA社」と技術提携

1990年–1993年|VMEシステム時代
VMEバスボードを使ったシステムの設計製造を開始。
ジェット機の推力測定システムや電力会社の超高圧送電線監視装置なども開発。

1990年
大手企業が監視システムとして当社の「muse」システムを導入

1994年–1999年|ベアボードテスター時代
プリント基板の設計・製造技術をもとに、高速・高精度の検査装置を開発。
今では世界中に1,900台以上出荷される。

1994年
ベアボードテスター「EMMA」を開発

1994年
アメリカ「IGI社」と技術提携

1996年
アメリカ、ヨーロッパでの販売を開始

1998年
ISO 9001の認証を取得

1999年
USA MicroCraft Inc.を設立

2000年–|商品多様化時代
TDR測定装置やオンデマンド・インクジェット印刷システムなど、市場ニーズに合わせた商品の多様化を推進。

2001年
8プローブのSシリーズを開発

2002年
オンデマンド・インクジェット印刷システムを開発

2003年
田中工場を建設

2005年
上海マイクロクラフトを設立

2008年
インドに営業・サポート事務所設立

2009年
MicroCraft Korea Co., Ltd.(韓国)を設立

2012年
ベアボードテスター「E4Mシリーズ」をリリース

2012年
オンデマンド・インクジェット印刷システム「CraftPixシリーズ」をリリース

2014年
「 CraftPixシリーズ」を銘板印刷などの様々な市場へ展開

2016年
MicroCraft Koreaにインク事業部を発足しインク開発を開始

2018年
新本社社屋建設

2019年
USA Microcraftにミネソタソフトウェアセンターを開設

会社案内
TOP